~カウンセリングとセラピーを提供しています~

       心理カウンセリング・セラピー/キャリア・カウンセリング/EAP/講座

潜在意識と企業EAP

潜在意識とは

潜在意識という言葉を聞いたことはありますか。潜在意識とは、私たちが自覚できない意識です。無意識に思ってもないことを口走ってしまったり、行動することもあると思いますが、これは潜在意識によるものです。それとは反対に、自覚できる意識のことを顕在意識といいます。 考え事をしたり悩んだり、不安になるのは顕在意識が働いているためなのですが、実は私たちの意識の大部分は潜在意識が占めています。顕在意識はほんのわずかしかなく、私たちの人生において潜在意識の影響はとても大きいのです。

潜在意識の影響

潜在意識は、言動や行動に影響してきます。例えば、顕在意識レベルで「早起きしよう」と思っていても、潜在意識で「ゆっくり眠っていたい」と思っていれば、潜在意識の影響が大きいので早起きは難しくなると考えられます。 また、何気なく現れるクセも潜在意識が影響しています。私たちは皆、髪を触ったり口を隠すなど、独特のクセを持っていますが、考え方や感じ方、物の見方など心のクセもあります。落ち込みやすい、人を避けたくなるといった心のクセも、潜在意識の影響が現れています。心のクセは心の健康にも影響します。ネガティブな思考は心を疲れさせてしまいます。 他人の目が気になって自分の考えを発言できない人も、自分が作り出した強迫観念で苦しんでいると思います。自分の心のクセを把握しポジティブな思考に変えることができれば、心も穏やかになり、気持ちも楽になってくるでしょう。

企業EAPでメンタル対策を

しかし、自分だけで潜在意識を変えるのは難しいものです。特に企業にお勤めの方は、社員同士のコミュニケーション不足や女性社員のセクハラ問題など、従業員は様々な問題や悩みを抱えています。そのため、企業全体で従業員のメンタルヘルス対策に取り組む必要があります。 近年多くの企業では、メンタルヘルス対策として企業EAPという支援プログラムが行われるようになりました。カウンセリングなどを通して、仕事に悪影響を及ぼす心の問題を解決しつつ、企業の成長を支援する目的となっています。企業EAPを取り入れ、企業全体を活性化させませんか。