~カウンセリングとセラピーを提供しています~

       心理カウンセリング・セラピー/キャリア・カウンセリング/EAP/講座

EAPの歴史とこれから考えること


EAPとは、Employee Assistance Programを省略した言葉であり、一般的に従業員支援プログラムと訳されます。このEAPは1980年代から全米の企業に普及していったカウンセリングプログラムですが、その後、日本にも段々と浸透していき、近年になると様々な目的でEAPを導入する企業が増えてきています。そんなEAPの歴史とこれからについてご紹介します。

EAPの歴史

1950年の第二次世界大戦において精神的にダメージを負った、帰還兵士たちにメンタルケアをしたことがEAPの始まりでした。その後、ベトナム戦争に影響を受けたことによって起きた経済不況や、それに次ぐリストラなどにより、アルコール依存症やうつ病などにかかる人々が増大していきます。

それに伴い、経営者や労働者の中にも、このように精神を病んでしまう人々が増えてしまい、その結果、経済状況のさらなる悪化や生産力低下を招くことになってしまいました。

そこで、1970年代頃になるとこのような状況を打開する目的からEAPは急速な広まりをみせました。このEAPの取り組みにより、徐々に生産性は上がり経済状況は改善することとなります。

EAPは当初、アルコール依存などの問題だけを対処していましたが、徐々に会社内でのコミュニケーション問題や、女性社員に対するセクハラ、またうつ病などの幅広い問題を対処していくようになりました。

EAPのこれから

ここ10数年の自殺者と労災申請の増加から、事業者に対し労働者の安全と健康の確保が重要な課題としてなってきています。改正労働安全衛生法では、過重労働やメンタルヘルスへの対策が盛り込まれた。こうした流れを受けて、その対応をEAP機関やメンタルヘルス支援事業者などに外部委託する企業が増えている。日本でEAPが普及し始めてから10年以上が経ち、いま業界には新たな動きが起こりつつある。

そんな中、ストレスチェック義務化法案が成立し「労働安全衛生法を一部改正する法律案(通称:ストレスチェック義務化法案)」に関する動向も今後注目するところです。

本来のEAPとは

一方で「ストレスチェック義務化法案」では多くのことがまだ不透明です。いまはまだ様子をみてもいいかもしれません。メンタルヘルス検診は、会社のメンタルヘルス対策への唯一の答えではありません。他にもできること、やるべきことはまだたくさんあります。従業員を守るための、定期健康診断、過重労働面談、メンタルヘルス検診の他に、全従業員向に対してのストレスに対する知識、ストレス状態の理解、ストレスへの対処法など、これまでの教育の中では誰も教えてくれなかったことを学ぶ機会を設けること。そして、就業中の従業員の変化に気づくことも大切となります。毎日部下と顔を合わせている上司が、人事や産業医よりも適任といわれています。これこそが、これから必要な本来のEAPとなります。

ココロの力を強めるためのEAP

人は人生の3分の1以上の時間を仕事に費やすといわれています。3分の1は睡眠に遣っていることを考えると、起きている時間の多くは仕事の時間と考えられます。したがって一度限りの人生の多くを費やす仕事の時間が幸せで楽しいかどうかは、非常に重要なテーマとなります。そこで、自分が「心から楽しめる仕事」の要素を探ることが重要になってきます。これを明らかにすることで、自己効力感が高まり「ココロの力」を強めることができます。この気持ちが会社全体に活力をもたらし、会社の生産性向上や発展につながります。

Office Sunny-spotでは、企業EAPサービスなどを提供しております。
企業EAPでは専門知識を持ったセラピストとカウンセラーが、企業の皆様に精神面からのサポートをさせていただきます。
また、その他にも部下の育成などに役立てることのできる座学によるセミナーなども行っています。企業EAPをご検討している企業様は、是非Office Sunny-spotにご依頼ください。