~カウンセリングとセラピーを提供しています~

       心理カウンセリング・セラピー/キャリア・カウンセリング/EAP/講座

ストレスを正しく知り早く気付こう


社会に一歩出れば、誰もが少なからずストレスを抱えます。ストレスの原因は、人間関係のトラブルによる悩みやコミュニケーション不足など身近なところにあります。ストレスに敏感な方は、心理カウンセリングを利用することで、解消できると気がつくこともあります。

また、ストレスへの耐性が強い方は自身でうまくストレスを解消することができますが、なかにはストレスに気付かず溜め込んでしまう方もいらっしゃるようです。知らぬ間にたまったストレスに対応できず悪化してしまうと、うつ症状や社会不安障害、適応障害など様々な症状に悩まされてしまう恐れがあります。

ストレスの信号を知ろう

ストレスに気付くようにするためには、心と体が発する信号を読み取ることが大切です。
ストレスは段階を踏まえて進行するので、その段階についてお伝えします。

・1段階

この段階ではストレス状態が軽いので、ほとんどの方が自覚症状を感じません。
しかし、イライラする、肩こりがする、疲労している、軽い体調不良、仕事でのミスが増えたなど体から信号が出ていることがあります。このようなストレスはただの疲れだと受け止められ、いつのまにか症状が改善されていることが多くあります。

・2段階

1段階の時点でストレス解消できず、疲労が蓄積されると悪化してしまい、2段階の状態になります。2段階では、ストレスを受けているという自覚症状を感じるようになります。
胃の痛み、仕事に夢中になる、動悸が激しくなるなどの信号があるはずです。

しかし、このような症状が現れてもメンタルケアをせずにストレスを乗り越えようとムリをして頑張ってしまう方がほとんどです。心と体がムリをし続けることによって興奮したり、脱力したりと不安定な状態になります。

・3段階

この段階になると無気力、物事に集中できない、胃潰瘍、睡眠障害、食欲不振、不安感、体重の増減など様々な症状が現れます。心も体も疲れきってしまい、自分ではどうしようのない状態になってしまいます。これらの症状が現れ悪化すると、自ら最悪の選択肢を考えてしまうことがあり、とても危険な状態なのです。その前に心理カウンセリングを受けたり、専門医に相談したりすることが重要になります。

これら心や体からの信号を読み取り、できるだけストレスに早めに気付き、セルフケアすることが大切です。Office Sunny-spotでは心理カウンセリングによって、メンタル状態をしっかり見極めるサポートを致します。誰にも相談できない悩みを抱えている、なんとなく体が不調、疲れてしまったときなどは是非Office Sunny-spotにご相談ください。